いまみちともたか の 殴り書き?走り書き?

17-05-25

肩書き?

『〜のいまみち さんです!』てな紹介をされるときの

『〜』には『ギタリスト』とか『意外にまともな性格』

とかではなく、バンド名が入ることが圧倒的に多い。

なので、そのときどきのメインのバンド名で呼ぶように

要求してみたり『解散してるんだからそれには元って

つけてくれ』などと異を唱えることにムキになっていた

時期を経て、最近は『呼びたいように呼んで下さい』と

思うことにしている。だからもう解散して随分が経った

バービーボーイズの名前を出されても、わりとフツーに

やり過ごせるようになってきた。だけど自分はいまだに

シャチョサンとかセンセと呼ばれるのが苦手。…って

これ、呼ばれる状況が全く紹介時とは別モノですねw

 

下記リンクは過日やったテニスコーツの植野隆司クンと

自分の対談がAmebaTVで流れることになったという告知。

 

https://abema.tv/channels/documentary/slots/8ua5apdJB3BtRu

 

 

 


17-05-16

写真週刊誌

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010001-flash-ent

 

過日、写真週刊誌の編集氏から「載せる写真に貴方も写ってるがかまわないか」

と連絡があり、『なにごと?』と訝しんだのだけれど、あぁそーか、巻末記事で

旧友が珍しく昔話をしたからだったのか。雑誌には載せきれないほど喋ったぶんが

上のリンクで読めるらしい。あいかわらずの斜め45度と見過ごしがちな毒入り

トークにウケ、移動中スマホ片手にニヤニヤするヒトらの仲間になってしまった。

 


17-05-05

東京カメラ部2017写真展

 

成田奥地にある某社ショウルームで手強いジャジャ馬ギターと

デートしてから急いで都内に戻り向かったのは渋谷ヒカリエの

9階ホールBで6日まで開催中の写真展。昨年11月にヒトサライ

ワンマンLIVE@羽田TIAT SKY HALLでステージ背景に投影した

スライドショーの飛行機写真の作者、カメラマン別所隆弘氏の

新作が展示されていて本人も在廊していると知り駆けつける。

LIVEから半年、やっと作品を貸し出してくれたことへの御礼を

御本人に直接伝えることができた。氏の最近のテーマは「道」!

 

 

 


17-04-26

真紅色にして

キミの願いは?

『シンクロニシティ、真紅色にして』

 

失言を見つけては勝ち誇ったように騒ぎ

更迭が決まれば大喜びしてるヒトらは、

自ら茶番劇に協力してるだけに見える。

そこで踊っていても、保身の為に平気で

友人を売るような連中に囲まれるがオチ、

て考えるヒトがいたっていいだろう。

 

ラストステージで闘えると信じ低ステージ

クリアの度に歓声あげていた昭和期の

テーブル課金ゲームに興じる後輩連中を

イライラ観ていた先輩が「いくらやっても

胴元喜ばすだけだ、ラストステージだぁ?

こうやりゃいいんだ!」とテーブルゲームの

コンセント引っこ抜いて喫茶店のマスターに

出禁になっていた、のを思い出した。

スタートレックの小説版のカーク船長の

試験突破方法みたいだ、と面白がったのは

自分だけであとは皆ドン引きしていたので

その先輩は伝説にもならなかったけれど、

そこの店からほどなくテーブルゲーム機は

全撤去になった。

 

 

 

 

 

 

 


17-04-23

純平のソロアルバムサイト

…が、できたそうな。彼のソロLIVE会場での

限定販売ということなので、自分は当分これ

聴けないのかなぁ。

でもここ読めば何かしら情報得られるかも?

https://www.junpeishiina.net/

 

 


17-04-19

逢えない時間の弾き語り

170415_Mt.RAINIER_DSC_4012170415_Mt.RAINIER_DSC_4009

先日のマウントレーニアホールでの写真から。(Photo by Yumi Ito)

 

 

見た目はボロだし、磨り減ったナットを交換したら音色や音抜け具合が

以前とは変わってしまったけれど、それでもやっぱり好きなこのデカヘッド。

 

打って変わって来週の金曜日はアコギを弾く(というより主に歌う)日なんだけど、

さてさて、どのアコギを抱えていこうか。弾くというよりジャカジャカかき鳴らす

いわゆるコードストロークの世界、それに適した六弦琴を選ぶ悩みもまた楽し。


17-04-18

逢えない時間に

IMG_4276

 

ヒトサライ、逢えない時間に純平のソロ名義

アルバムが育った様子。ヒトサライの動画で

御馴染みのコラボニクスによるPVやサイトも

育てている模様、彼からの告知を待て。

 


17-04-12

みちくさ雑感

IMG_4271

 

違う文章を書いておいたのだけど、ちょっと

ビックリなことがあったので差し替え。

❇︎       ❇︎        ❇︎       ❇︎      ❇︎      ❇︎       ❇︎       ❇︎

デビュー35周年イヤーの大澤誉志幸が80’sに

リリースしたアルバムの再現ライブをする、

てなショートツアーに続き、その締め括り的

なマウントレーニアホールで今週末にある

ベストオブライブというショウでもギター

弾くことになって、演目も大幅に入れ替えと

いうこともあり昨日はそのゲネプロ的なRH。

 

そこでマネージャー氏が当日のPAエンジニア

を紹介してくれた際に、あれ、どっかで?と

思ったのだけど「よろしくお願いします」と

言うにとどめて諸々の確認作業に突入。

帰宅後スタジオでの音源が届き、MIX具合や

発送主の所属を見て再びアレ?と思ったので

ググったわけで…。そしたら、あぁそっか。

80年代にBOØWYのPAをやってた方でした。

腑に落ちた。

 

アルバム再現ということだし汐留&関西では

80年代風味の音色を意識していたのだけど、

そろそろ「現在」のトーンに戻そうかなぁと

多少迷っていたところだったのだが決めた!

今週末の大澤誉志幸ベストオブライブまでは

80’sトーンで行こうじゃないか。

 

それが終わったらアタマを切り替えて月末の

ソロ名義のLIVE用にアコースティックギター

や「現在」の自分のエレクトリックトーンの

追求に戻り『逢えない時間が愛育てるのさ』

期間の終盤に向かうわけです。

 

ところで可笑しいのは「なに使っても出音は

相変わらずなんすね」と今回の大澤スタッフ

や他のメンバーから言われたことだよ。

弾き手からすると随分と工夫してんだけどw

不思議だねぃ。ま、悪いことぢゃないか、

みちくさも寄り道も無駄にはならん筈。

 

 

 

 

 

 

 

 


17-04-08

ima_gene_box

IMG_4254

写真をクリック↑「ima_gene_box」へ

 


17-04-05

独り稽古

IMG_4245

 

傍聴人や観客への甘えがあるヒトの言動には

主張の正誤に関わらず、もどかしさからくる

苛立ちをおぼえてしまう。

学級委員が担任の顔色を見ながら決まり事を

破った番長を糾弾しているのを横目で眺めて

シラケてしまう感じにも似て…。

 

なにかをやらかす場合、正真正銘の即興で

見物人を圧倒させることのできるヒトだって

いるかもしれない。だけどそういうヒトは

きっと四六時中『覚悟』の中で息をしている

はずだ。そうじゃない者はある一点に向けて

『覚悟』を育て確立させていく時間と行為を

必要とする。その行為を「独り稽古」と呼び

「練習」とは別物だと自分は考えている。

「独り稽古」中に客の反応を織り込んで

(想定して)しまうと、学級委員の発言的な

「甘え」は芽生えても「覚悟」は育たない。

 

俺▲▲さんちのピンポンダッシュしたぜ!と

同級生に自慢するレベルではもどかしい。

ピンポンダッシュされたほうも『コラーッ、

二度とうちの玄関に近寄るんじゃねぇぞ』と

駆け去る小僧の背中に罵声を浴びせたくも

なるだろう、わからんでもない…。

 

そんなことを考えながら4.15の大澤誉志幸や

4.28、4.29の自分名義ギグの機材チェック。

 

俺?やることやった後、本番ではやっぱり

最終的にオーディエンス頼みかも、あはは。

まだまだです。

 

 

 

 

 

 


X