いまみちともたか の 殴り書き?走り書き?

16-11-09

【disaster】

img_2967
 
東京デザインウィークの事件も、博多駅前の陥没事故も
SNSの投稿をチェックしていた際にスマホで知った。
どちらも素人が撮った「その瞬間の動画」で溢れてるのが
すごいというかやりきれないというか。
 
たまたま現場に居た誰でもがニュース記事のようなものを
SNSに投稿できるような環境になってからは、プロの記者
だけが多くの人に情報を流すシステムを使えていた時代より
ニュースとゴシップとの境目があいまいになってるのかも。
 
おなじ刺激的な表現にしても、プロとしてルールや匙加減
をわきまえた上での『俺は今、一線超える』という自覚と
覚悟をもったヒトのそれには、無責任な噂ばなし好きな
野次馬を受け手としての立場のままに縛り付けておくだけの
凄みがあったんじゃないかなと想像してみる。野次馬どもの
発信する意見はせいぜいその連中の棲む地域の井戸端会議で
終息してたからこそ、プロの流した記事上にエゲツない枝葉や
妄想やらを盛って騒いだり怖がったりしても全然OKだったし
それがガス抜きにもなってたんだろう。
 
ニュースとしてなら見るよ、痛ましい事件も驚きの事故も。
だけど野次馬やうっぷんばらし好きの連中の意見や感想も
同時に目にしなきゃいけないとなるとホントはウンザリだ。
 
このふたつのニュース映像(とそれに付いてるコメント)を
観た直後は『あ、もうSNS投稿とかしてる場合じゃないぜ』
てホントに思ったんだよ。それはホントに思ったんだよ。
だけどたぶんそう思ってから12時間も経たないうちに
『今日は◎◎食べた』とかの投稿にいいねボタン押したり
なんなら自分も『△▼のリハだった!』とかスマホ使って
投稿しているわけで…。でも、自分自身を責めはしないよ、
もう、こうなると業だもの…、えぇーいLet’s Go!!!
 


16-11-05

【お祭りQR】

shtsg
 
ヒトサライのセカンドアルバム「嘘のようなマジな話」のCDを
購入したヒトは、帯の裏のQRコードから特別限定動画にアクセス
できるという少々ややこしい『おもてなし』を仕掛けたのだけど
気がついてない方も多くてね。このジャック・オー・ランタンと
ゾンビのイラストの中にある四角い図形もQRコードですからね、
ってじいちゃんばぁちゃんに説明する量販店の兄ちゃんみたいに
なってるな。11/20までの駄文やサイト内の記事中はもちろん、
本番当日のティアットスカイホール内でもQRコードをみかけたら
まずはスキャンしてみるといいことがあると思います。お祭りへの
秘密の入り口的な?まぁ、お試しあれ。
 


16-11-02

【金縛り】

img_2881
 
その昔、4ch再生方式対応のレコード盤てのが出ててさ、
クロスオーバー路線を打ち出して高校生だった自分らの
クチをあんぐりとさせたジェフ・ベックのリリースした
アルバムにも4chミックスが存在し『ステレオ盤とは違う
ギターが聴ける』なんてレビューを読んで「聞きてぇ」と
騒いでたんだ。彼の日本での人気を決定的にしたアルバム
『ワイアード』の4chミックスが発売40年後にして5.1ch
サラウンドにリミックスされSACDとしてリリースされる
と聞いて先行試聴会に行って来た。試写室でのサラウンド
システムで爆音で聴く5.1chのワイアード、いやぁ楽しい。
前方にドラムとベースとシンセ後方左に剥き出しのギター
てな定位のミックスとか、タイトルどおりブッとんでるや。
 
それ聴いてからヒトサライのリハーサルに向かったおかげで
その日の自分のギターの音作りは似たような剥き出し具合、
ベースの岡が笑いながら『この曲ジェフ・ベックみたいに
変拍子いれましょうや』とけしかけてきた。い、いや岡クン、
変拍子の曲でのジェフ・ベックのギター単体で聴くとだいぶ
テキトーだったぜ、『じゃ俺らきっちりキメますからギター
はテキトーでいいじゃないすか、うしし』変拍子は踊れない
すよね、と言ってた純平まで『いいっすね、やりましょう』
あ、テメ、寝返ったな。ヒラポンどうよ?『あ、面白い!』
えぇ〜?!こんな感じでヒトサライの音合わせは進むのさ。
 
今月20日は、変拍子の金縛りにあって立ちすくむテキトーな
いまみちが観れる?ティアットスカイホールでのヒトサライ
初ホール単独LIVE、みんなで来ないと、日曜の羽田空港に。
 


16-10-29

【故意にしくじったら】

genkou1029
 
ジミー・ラフィンのWhat becomes of the broken hearted。
「恋にしくじったら』というタイトルのほうが原詞の雰囲気に
近そうだけど、改題して有名になってる「恋に破れて」という
邦題のほうのニュアンスで意訳してみた。たとえばサビはこんな…
 
疲れてズタボロなんだ、フラフラ彷徨ってるんだ
退屈なんだサイアクなんだ、ヘルプミー、プリーズ
 
ここ数年の感じがメチャいい具合でビックリ!のボーイ・ジョージ、
彼もカバーしていたらしい。彼には「恋にしくじったら」って題が
絶対ピッタリくる。King of Everythingって素敵な曲のPV観ながら
ボーイ・ジョージの似顔絵描いてみた。
 


16-10-26

【繁華挽歌 1 】

img_2824
 
副流煙よりヤバそな破壊力のある姐さん’sトークが
聞くとは無しに耳に飛び込んでくる繁華挽歌な夜の
新宿。オンナふたりの内緒話は都会の喧騒でも覆い
隠せずマシンガントークの流れ弾を浴びて俺はもう
穴ボコだらけ。酒席での声のデカさに気をつけ魔性。
 
明けて本日はTIAT SKY HALLでの現地ミーティング、
穴ボコ塞いで出かけます。
 


16-10-22

【椅子とりゲーム】

img_2763
 
ヒトサライの初ホール単独LIVEまで1カ月を切った。
羽田空港国際線ターミナルビル内ティアットスカイ
ホール、椅子の獲り合いになるくらいにヒトが沢山
来てくれないかな。そう11/20は椅子席&午後4時
スタートという初尽くし。どこよりも早い忘年会に
参加する気分でサラワレにいかが?
 
幼稚園児だった頃に初めて知った椅子とりゲーム。
音楽が(驚くなかれココでの音楽ってのはレコード
プレーヤーとソノシートってな時代の話だ)かかり
「なに?楽しいな、踊りながら廻ればいいの?」と
リズムに合わせてスキップ行進してると音楽が止む。
「あれ?」次の瞬間、キャーッと叫びながら空いた
椅子めざして右往左往のオトモダチ。「センセー、
僕の椅子が無い」と言おうとすると『じゃいまみち
君こっち』と円陣の外に立たされた。「ヒロくんが
一緒に座ろって。ダメ?どぉして?」『椅子とりは
そういうルールなの。はーい次いくよ、サン、はい』
椅子が一脚減らされ音楽がまた流れる。オトモダチ
はグルグル回り始める。そっかオモチャが足りない
ときはみんなで譲り合いましょって言ってたけれど
コレは違うんだね。よし今度はすわるぞぉ。音楽が
止まり腰掛けようとするヒロくんにヒップアタック!
よし、すわれた。あれれ?椅子から落ちたヒロくん
泣いちゃった…。なんかずいぶん叱られました。
よくわからずゴメンナサイを言わされたその日以来、
椅子獲り、否、椅子取りゲームが苦手になりました。
「獲りあう」も「取り除く」もやめて「増やそう」
なんて甘ちゃんスピリッツの芽生えか?当時、一度
はじかれたらゲーム中復帰無しってのも解せなくて。
 
おひとりさまで溢れかえるコーヒー店。自身の隣の
椅子に荷物を置くヒトは意外と多い。「すいません、
ココ空いてます?」と尋ねると『チッ』と舌打ちを
しながら凄い勢いでバッグをテーブルに叩きつける
御婦人にでくわしたことが複数回ある。怖いなぁ、
相席させろと言ってるんじゃないんだし貴女の荷物
を置くならせめてテーブルの向かいの椅子にしたら?
テーブル挟んだ椅子にバッグを置いてるといかにも
おひとりさま感が強調されそうでイヤなのかねぇ。
いいじゃん、おひとりさま@カフェ。まぁ、この手
の椅子取りおねえさんも苦手です。おっさん連中は
「すみません」と恥ずかしそうに謝ってから膝の上
に置くヒトのほうが多い気がするのはなんでだろう。
でも皆できれば自分の縄張りは広めに確保したいか。
 
音楽でもアートでも文学でも政治でも活動そのもの
より自身のポジションを一番に気にするヒト居るね。
活動や発表の場をゲットできて喜んだ次の瞬間には
もうフィールド内の序列を気にしだしたりしてさ、
向上心とソレは全くの別モノですぜ。
 


16-10-19

【シンクロニシティ】

genkou1019
 
そういえば、父親と自分とのヤモメ暮らし(『鰥』では
なく、『家揉め』のせいでだがw)が続いた小学低学年
の頃、自分がヒマだぁ退屈だぁアピールを露骨にすると
「羽田に飛行機でも観に行くか」と空港へ連れていって
貰えたな。当時は羽田空港までの交通手段といえばまだ
モノレールだけだったのでオコチャマ心としては羽田は
交通手段的にも特別感溢れた場所で「わ!モノレールに
乗れる」と興奮したものだ。空港内の食堂で腹を満たし
滑走路の見える空港ビルの屋上みたいなスペースでただ
飛行機の腹や背中を見てるうちにすぐ陽が暮れて「もう
帰るぞ」と言われても「あとちょっと、アレが飛ぶのは
見ようよ」なんて言ってたなぁ。そんなくすぐったくて
甘酸っぱい感じをなぜか想い起こさせてくれる写真家の
別所隆弘さんの飛行機写真が凄い好きだったので、過日
ファンメールを送って「ヒトサライが今度ワンマンやる
ホールは羽田空港の中にあるんですが別所さんの写真を
めっちゃデカいスクリーンに投稿させてくれませんか」
と不躾承知でお願いも添えてみたところ、なんと快諾を
貰えて大喜びした次第。別所氏は関西在住なので写真は
羽田空港ではなく伊丹空港とのことだったけれど場所は
問題じゃない、写真見たときに覚えるわくわくと郷愁が
不思議とシンクロしてるからそれで良い。それにしても
なんでメールを送ったりオネダリしようと思ったのかが
自分でも不思議だったのだけど、今日ふと気がついた。
 
ヒトサライの1stアルバムの発売日は昨年の11月19日、
てことはヒトサライ初ホール単独公演の11月20日って
1stアルバム発売1周年記念でもあるわけだよ。4年前の
俺の誕生日の翌日亡くなった父の誕生日は1stアルバム
の発売日と同じ11月19日だったし。セカンドアルバムの
「嘘のようなマジな話」が7月に出て以降ワンマンでの
ヒトサライLIVEをやれてないから、どっか良さげな会場
の空きと我々の日程が合うとこはないものかなぁ、などと
言っていて転がりこんできた11/20のティアットスカイ
ホールの話。いまのいままで気づかなかったけれど結構
驚きシンクロニシティが今回そこかしこに顔だしていて
きっとこれはたぶんとても「いいこと」だ。
 
てことで当日まで内緒にしておこうと思った別所隆弘さん
の写真の件も嬉しくて勇み足リークしてしまった。
 
ちなみにその別所氏「偶然11月のそのあたり所要で東京
に居る予定です。ヒトサライと僕の写真のコラボを観に
羽田のLIVE行きますね」だって。シンクロ数珠繋ぎ!
 


16-10-15

【フォークとナイフ】

img_2727
 
川端康成がノーベル文学賞!とオトナが騒いでいるのを
『てことは難しい本なんだろな』と自分には関係ない、
興味の持てない世界の出来事だと思っていられたから、
安心して好きな海外SF小説の子供向け翻訳本を読んで
いられたんだろうし、オリンピックはアマチュアの祭典
なんだと教えられていたから、安心してプロ野球中継を
楽しんでいられた気がする。グローバリズムとかが浸透
していなかったからこそ、どっかのおっちゃんが『欧米
では〜が常識です!日本も一刻も早く〜にしないと』と
言ってるのをテレビで観ても「だっせぇなぁ」と笑って
いられたんだ、きっと。平和だなぁローカリズム(苦笑)
 
ウチはこーゆーやり方でずっと来てんだッと言い張る奴が
いやぁ今後は皆でやり方合わせようや、といいきかせられ
それがイヤで他所に引っ越しても同じこと言われるなんて
極論妄想だけどグローバル化って逃げ場がなくなるよね。
 
正しいかどうかは別として、ノーベル賞やオリンピックや
推奨図書とは違う縄張りでアレコレするモノが好きだった。
音楽のジャンルにしても毛嫌いとは違う「棲み分け」として
いやぁそっちのフィールドには行かんでおきます、みたいな
拘りや意地があるほうが素敵だな、と。中2発想かしら?
 
日本人作家が今度こそ文学賞とるかもと期待してたヒトらと
ボブ・ディランの受賞に対して賛否両論言うヒトらも、本来
「棲み分け」されてた筈なのに。スウェーデンが「よぉし、
そろそろ米POPフィールドを取り込もうぜ」と企んだのか?
と慄いてみたり、逆にボブ・ディランが「ちょっとその権威
とやらを地に落としてやるかね」と自虐サディスティックに
走ったのかも?と想像してみたりしてるほうが楽しいな。
ミスIDに応募した何人かの男性に対して「そこまでして…」
と思うのか「ミスコンを崩壊させようとしてる痛快テロ」と
深読みして遊ぶか、にも似てる?いや似てないか、あはは。
 
楽曲は歌詞以外にもサウンドや声などの衣装をまとってるから
わけわからないけど心地よいとかあるだろうけど、他所の国の
言語で書かれた文学(読み物)は翻訳者のセンスで印象がすごく
変わるはず。作者と寝食共にするぐらいの勢いで憑依同化した奴
が訳して初めて他所の国のヒトに作者の匂いや動機が少し伝わる
か伝わらないかてな微妙なモノだと思う。スウェーデンのヒトは
英語圏のシンガーソングライターのどこがツボに入ったんだろう。
 
自分はボブ・ディランと言われてもガロの「学生街の喫茶店」とか
「プカプカ」の作者が居たザ・ディランllを連想してしまう程度の
アレだけど、トラベリングウィルベリーズでの彼の歌が大好き。
 


16-10-12

【ポリポリ…】

img_2659
 
このところ話題の「過労」は、他からの強制に端を発する問題だけど、これは
自らの意志でなにかに「没頭」し歯止めがきかなくなるやっかいな人種のお話。
 
ノーベル賞をとった研究者さんのことを『既婚徹夜系男性』という面白い言葉で
カテゴライズした某女性アーティストさんの投稿を見ながらアタマ搔いた自分だ、
ポリポリ…。
結婚して子供ができたばかりだった知り合いの某女性音楽家から「あたし午前中に
創作や作業して昼から家事やって夜は早く寝るってパターンになりましたけど今迄
よりずっと効率がいいですよ。いまみちさんは相変わらず深夜作業がお好きなんで
しょうけど、あらためるのも良いんじゃないかしら」と言われたことがあって、
そのときも自分はアタマ掻いたな、ポリポリ…。
別の女性音楽家も似たような趣旨のことをサラッと言いつつ、ハイペースで作品を
発表している。ポリポリ…。
 
知り合いの男性小説家氏は「生活リズムを乱さないのが創作を続けていく秘訣です」
とワープロに向かう時間、食事の時間、入浴時間に至るまで決めて守っているらしい。
で、恐ろしいほど多作である。ポリポリ…。
 
既婚徹夜系男性てな言い回しを考えだした女性は「夫の極端な生活を支える
妻の姿勢を美談と讃えるから若い男性がまたそれに憧れてしまう、やれやれ」
と嘆いているようだったけれど、どうなんだろう?深夜活動癖や徹夜作業系
人間って憧れてなるモノでなく、それはもうサガ(=性)なんじゃないのかな。
 
自分は幼い頃から夜更かしだったけど、父親もいわゆる徹夜系に入るくちで、
とにかく口癖は「ともたか、いいから早く寝ろ」だった。なんでも家人が起きて
いると思っただけで「集中できん!」らしい。自分が小学生の頃とか「ほら、
早く起きないと遅刻するぞ、早く寝ないから寝起きが悪いんだ」と言いながら
本人も徹夜明けの充血した目で朦朧としてたっけ。いつ寝てんだ?と不思議だった
のだけど、あるときトイレに起きた深夜に謎が解けた。仕事部屋の書物やら大量の
書きかけの原稿を居間の食卓に持ち込んでいた彼が、その前で口を開けたまま失神
していたのだ。ようはエンジンがかかるまで時間もかかるし、オン/オフの切り替えも
上手くないってだけのことみたいで。でもそういう行動をとる事が苦じゃない、むしろ
好きなわけで、これをサガと言わずしてなんと言えば?あ、「だらしない」か、あはは。
 
でもさ、明るい時間帯と陽の落ちた時間帯では明らかに思考傾向が違うんだよ、夜なら
ではのアイデアや音楽だって世の中に必要じゃん?などと結局自分も父親と似たような
屁理屈を主張し「だらしない」生活リズムで過ごしがち。今宵も『11月20日のセトリ、
どうしようか』などと考えてるつもりで、口開けて失神してるかもしれない。
御同輩諸氏、睡眠と相方さんへの感謝の不足に注意、ポリポリ…。
 


16-10-08

【4人】

genkou20161008
 
原題をTheのつかない『BEATLES』という
ノルウェー?産の青春映画、なんかいい感じ。
いまだに関連本がでたり新しいドキュメント映画が
公開中だったりと、なぜ?てなぐらいアーカイブ
売られまくりのビートルズ、正しくは定冠詞付きの
ザ・ビートルズ、らしい。昔観た旧いドキュメント
映画の中で「気安くビートル、ビートル言うな、
うちらはザ・ビートルズっていうんだ」って
メンバーが女性に半ギレしているシーンが子供心に
印象に残ったっけ。そのTheをつけずBeatlesって
タイトルにしてるとこがニクい。日本では改題され
『イエスタデイ』として公開されている。
オリジナルのビートルズナンバーも効果的に重要な
シーンで流れているし、バンドを組もうと四苦八苦
するビートルズ好きな少年4人もでてくるけれど、
音楽がどうこうってよりも青春映画、ほろ苦いって
よりは予想に反してハッピーエンドだし、微糖?
ザ・ビートルズも、この映画も名画スタンドバイミー
(こちらはビターエンドなホロ苦)も4人組。なんか
ドラマがおきやすいの?4人って…。
 
写真はその「イエスタデイ」や「あの頃ペニーレインと」
はじめ、自分の好きな音楽がらみの青春映画。青春を
ここでは「側から見るとムチャしてるだけ」の時期という
意味で使用中。大マジメ、だけど的外れ、That’s 青春!
 


10 / 11« 先頭...7891011

X