いまみちともたか の 殴り書き?走り書き?

17-06-23

ソリッドステイト・アンプ?

IMG_4630

先日RolandのヒトとJC-120アンプについて語り合っていた際思い出した事。

自分が15.6歳の頃、銀座のオーディオ店に入り浸っていた。お目当ては店の一角の

楽器関連コーナー。そこではエリック・クラプトン御用達というライトゲージの

エレキ弦を取り扱っていて『チョーキングが楽になるぞ』と勇んで出かけたものの、

メチャ高価で諦めたのだけど、そこの目玉商品だったのがHHという英国のギターアンプ。

当時エレクトリックギターは持っていたけれどアンプをまだ持ってなかった自分はいつも

アンプで鳴らす音を想像しながらペナペナと生音で爪弾いていたものだから、壁一面に並ぶ

そのギターアンプが眩しくて眩しくて。店のヒトの「これはね、真空管じゃなくてソリッド

ステイトアンプってところが凄いんだ」てな説明の意味はチンプンカンプンだったけど

『あの、持ってきたギターで音だしてもいいですか?』と気がついたら頼んでいたんだ。

弦さえ定価にビビってる中学生なんだし買えるわきゃないのはわかっただろうに

お兄さんは「あぁいいよ」と言うと電源を入れた。するとパネルのロゴや数字が

淡い緑色に光り、そりゃもうウットリ。

おそるおそるプラグイン(当時はまだエフェクターなんてひとつも持ってない

から、もちろん直挿し)してジャランとひと掻き…、すっげーっ!カッコイイ!!

アンプ持ってる友人宅で鳴らした時とは大違い。レ、レコードと同じ音がする!

いま思うと繁盛してない店でよかった、他の客が居たら大迷惑な爆音鳴らしw。

ハリのあるパッキリとしたトーンに痺れていると「これ押してみよう」とお兄さん

パネルのどこかのスイッチを入れた。するとビックリ、歪んだ音になったんよ!

友人宅でビーバーとかファニーキャットとかのファズも繋いだことあったけど

もっとズッシリくる攻めてるけど甘い音。なんか突然自分が上手くなったような

気分で、無我夢中で鳴らし続けてた。『よし、いつかこのアンプを買うんだ!」と

それ以来毎週ギター持って(買わずに試奏)通ったから店はだいぶ迷惑しただろうなw

しばらくして突然そこは閉店になり、以来そのアンプを見かけることもなく

ヒトに訊いても「そんなアンプあったっけ?」と言われ続けたせいで、まぁ

中学生の妄想白昼夢だったのかも、で流してきたんだけどね。先日Rolandのヒトとの

会話で思い出し『ハリソンって名前だっけな、H][Hってロゴだったな』と必死に検索、

ありましたぜ、実在してたよ、あぁよかったw。しかも、マーク・ボランやウィルコとか

有名ブリティッシュ勢も使ってたぽい?だけど結構マニアックなアンプではあるらしい。

あまり自覚してなかったけど、自分のJC好きは、このアンプとの出会いが

少し影響してるのかもしれない。どなたか更なる詳細教えてくれないかしら。

いま、弾いたらどんな印象もつのかなぁ。

そうだ、今週末に大澤の誉っちゃんのJazz箱ライブにギターでお邪魔、が済んだあとは

水面下で仕込んでいた某曲を某氏と録音しそうな気配になってますぜ、ふふふ。


17-05-31

更衣(ころもがえ)

18768292_1331979820182841_1543781821764262332_o

5月も今日でおしまい。

1月の神戸でのヒトサライ・ワンマンLive以降、

いまみちナマうた披露行脚をエレクトリックと

アコースティックの両方でやりつつ、ソロやバンドの

所謂ヴォーカリスト然としたヒトたちとのセッションを

重ね、それを自分では「会えない時間が愛そだてるのさ」期と

名付けていたのだけど、shiro(宮原芽映、丹波博幸、窪田晴男)

の晴男クンの代打で歌&アコースティックギターで参加した

5月29日のLiveで、いまみち弾き語りラッシュ期もひと段落。

6月はこの期間中に育ったナニカを形にする為の仕込みへ。

そんなわけで1月〜5月のダイジェスト写真を。

 

16174539_1447284508616542_7428674942046223314_n

17362738_815529111918615_4033627651220137473_n

18033509_1431325283593621_424662533333624177_n

18156371_1304433169604173_4575137214194531501_o

18156422_1304436649603825_2570854051712467363_o

18193052_1443968852329264_3200367213462277048_o

18670756_1469158689810280_8651968797324297468_n

18765063_551371948584881_406199067_o

18767900_1323424077773210_8569920924800633583_n

18765643_1557001330978204_3809237378976540378_n

18739159_1331979746849515_4103357922119652517_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


17-05-25

肩書き?

『〜のいまみち さんです!』てな紹介をされるときの

『〜』には『ギタリスト』とか『意外にまともな性格』

とかではなく、バンド名が入ることが圧倒的に多い。

なので、そのときどきのメインのバンド名で呼ぶように

要求してみたり『解散してるんだからそれには元って

つけてくれ』などと異を唱えることにムキになっていた

時期を経て、最近は『呼びたいように呼んで下さい』と

思うことにしている。だからもう解散して随分が経った

バービーボーイズの名前を出されても、わりとフツーに

やり過ごせるようになってきた。だけど自分はいまだに

シャチョサンとかセンセと呼ばれるのが苦手。…って

これ、呼ばれる状況が全く紹介時とは別モノですねw

 

下記リンクは過日やったテニスコーツの植野隆司クンと

自分の対談がAmebaTVで流れることになったという告知。

 

https://abema.tv/channels/documentary/slots/8ua5apdJB3BtRu

 

 

 


17-05-16

写真週刊誌

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170516-00010001-flash-ent

 

過日、写真週刊誌の編集氏から「載せる写真に貴方も写ってるがかまわないか」

と連絡があり、『なにごと?』と訝しんだのだけれど、あぁそーか、巻末記事で

旧友が珍しく昔話をしたからだったのか。雑誌には載せきれないほど喋ったぶんが

上のリンクで読めるらしい。あいかわらずの斜め45度と見過ごしがちな毒入り

トークにウケ、移動中スマホ片手にニヤニヤするヒトらの仲間になってしまった。

 


17-05-05

東京カメラ部2017写真展

 

成田奥地にある某社ショウルームで手強いジャジャ馬ギターと

デートしてから急いで都内に戻り向かったのは渋谷ヒカリエの

9階ホールBで6日まで開催中の写真展。昨年11月にヒトサライ

ワンマンLIVE@羽田TIAT SKY HALLでステージ背景に投影した

スライドショーの飛行機写真の作者、カメラマン別所隆弘氏の

新作が展示されていて本人も在廊していると知り駆けつける。

LIVEから半年、やっと作品を貸し出してくれたことへの御礼を

御本人に直接伝えることができた。氏の最近のテーマは「道」!

 

 

 


17-04-26

真紅色にして

キミの願いは?

『シンクロニシティ、真紅色にして』

 

失言を見つけては勝ち誇ったように騒ぎ

更迭が決まれば大喜びしてるヒトらは、

自ら茶番劇に協力してるだけに見える。

そこで踊っていても、保身の為に平気で

友人を売るような連中に囲まれるがオチ、

て考えるヒトがいたっていいだろう。

 

ラストステージで闘えると信じ低ステージ

クリアの度に歓声あげていた昭和期の

テーブル課金ゲームに興じる後輩連中を

イライラ観ていた先輩が「いくらやっても

胴元喜ばすだけだ、ラストステージだぁ?

こうやりゃいいんだ!」とテーブルゲームの

コンセント引っこ抜いて喫茶店のマスターに

出禁になっていた、のを思い出した。

スタートレックの小説版のカーク船長の

試験突破方法みたいだ、と面白がったのは

自分だけであとは皆ドン引きしていたので

その先輩は伝説にもならなかったけれど、

そこの店からほどなくテーブルゲーム機は

全撤去になった。

 

 

 

 

 

 

 


17-04-23

純平のソロアルバムサイト

…が、できたそうな。彼のソロLIVE会場での

限定販売ということなので、自分は当分これ

聴けないのかなぁ。

でもここ読めば何かしら情報得られるかも?

https://www.junpeishiina.net/

 

 


17-04-19

逢えない時間の弾き語り

170415_Mt.RAINIER_DSC_4012170415_Mt.RAINIER_DSC_4009

先日のマウントレーニアホールでの写真から。(Photo by Yumi Ito)

 

 

見た目はボロだし、磨り減ったナットを交換したら音色や音抜け具合が

以前とは変わってしまったけれど、それでもやっぱり好きなこのデカヘッド。

 

打って変わって来週の金曜日はアコギを弾く(というより主に歌う)日なんだけど、

さてさて、どのアコギを抱えていこうか。弾くというよりジャカジャカかき鳴らす

いわゆるコードストロークの世界、それに適した六弦琴を選ぶ悩みもまた楽し。


17-04-18

逢えない時間に

IMG_4276

 

ヒトサライ、逢えない時間に純平のソロ名義

アルバムが育った様子。ヒトサライの動画で

御馴染みのコラボニクスによるPVやサイトも

育てている模様、彼からの告知を待て。

 


17-04-12

みちくさ雑感

IMG_4271

 

違う文章を書いておいたのだけど、ちょっと

ビックリなことがあったので差し替え。

❇︎       ❇︎        ❇︎       ❇︎      ❇︎      ❇︎       ❇︎       ❇︎

デビュー35周年イヤーの大澤誉志幸が80’sに

リリースしたアルバムの再現ライブをする、

てなショートツアーに続き、その締め括り的

なマウントレーニアホールで今週末にある

ベストオブライブというショウでもギター

弾くことになって、演目も大幅に入れ替えと

いうこともあり昨日はそのゲネプロ的なRH。

 

そこでマネージャー氏が当日のPAエンジニア

を紹介してくれた際に、あれ、どっかで?と

思ったのだけど「よろしくお願いします」と

言うにとどめて諸々の確認作業に突入。

帰宅後スタジオでの音源が届き、MIX具合や

発送主の所属を見て再びアレ?と思ったので

ググったわけで…。そしたら、あぁそっか。

80年代にBOØWYのPAをやってた方でした。

腑に落ちた。

 

アルバム再現ということだし汐留&関西では

80年代風味の音色を意識していたのだけど、

そろそろ「現在」のトーンに戻そうかなぁと

多少迷っていたところだったのだが決めた!

今週末の大澤誉志幸ベストオブライブまでは

80’sトーンで行こうじゃないか。

 

それが終わったらアタマを切り替えて月末の

ソロ名義のLIVE用にアコースティックギター

や「現在」の自分のエレクトリックトーンの

追求に戻り『逢えない時間が愛育てるのさ』

期間の終盤に向かうわけです。

 

ところで可笑しいのは「なに使っても出音は

相変わらずなんすね」と今回の大澤スタッフ

や他のメンバーから言われたことだよ。

弾き手からすると随分と工夫してんだけどw

不思議だねぃ。ま、悪いことぢゃないか、

みちくさも寄り道も無駄にはならん筈。

 

 

 

 

 

 

 

 


1 / 812345...最後 »

X