いまみちともたか の 殴り書き?走り書き?

17-11-09

チューニング

IMG_5363

各々の楽器のチューニングを合わせないと「合奏」にならねぇだろ?とにかく調弦は

大切なんだぞ、と十代の自分に言い聞かせる二十代後半のバンマス。それまでギターを

買ったときオマケについてきた音叉(!)で合わしたことしかなかった自分にバンマスが

見せてくれたメーター付きの弁当箱みたいなブツが初めてのチューニングメーターとの

出会い。バンドの中にチュンメを持ってるのはバンマスひとりだけで、楽屋で全員が

一台のソレを順番に使って本番に臨む、てなんてビンボー臭いんだ?いやぁ、自分の

廻りのアマチュアバンドのほとんどがそうだった気がする、それこそひとりひとりの

足元にそれぞれの固有のチュンメがセットされていることがほぼデフォルトだったり

本番中の曲間に無音にしてチューニングを確かめたり、が別にことさら特別なこと

ではなくなっている2017年になってもときどき思うんだよね、ベーシストとか鍵盤

奏者に向かって『Aちょうだい』と囁いてボーンと出してきた音に合うまでピーンと

開放弦を鳴らしたり、本番前に全員で共通のチュンメを使い回したり、てのもじつは

良いアンサンブルを産み出すのにひと役買っていたんじゃないかなんてね。

まぁ、現代に生きる楽器奏者としてはそんな与太を飛ばしていても始まらんし、

久々に新調したわけです『チューニングメーター』を。イェア!

10年近く使っていたのが壊れたのを機会にチュンメとしては使ったことのなかった

メーカーのブツをチョイス。アタマの話はそのメーカーが最初に出したOD-1という

エフェクターを入手した頃の昔ばなしさ。すごいね、BOSSって今年で創立40周年だって。

 

 

 

 

 

X